目元をすっきりさせる施術

女性

目元の印象を変える施術を紹介します

二重に整形するには、およそ三種類の方法があります。一つは、テープを使う方法です。手軽で簡単、元に戻せて費用もかからない方法です。しかし、左右で非対称になったり、すじがついたり肌荒れしたりとトラブルも起きます。テープの糊は肌を痛め、かぶれると治る事が難しい場合もあります。そのような事情で、テープで二重に取り組む六割以上の人たちが五年以内には整形で施術する結果となっています。施術については、二つの方法があります。埋没法は、糸でまぶたを縫う方法で、切開法はまぶたの余分な組織を取り除くものです。まず切開法ですが、永久に持続する方法で、綺麗に仕上がりますが元に戻せないという点があります。メスを入れて余分な組織を取り除くわけですから、体にダメージもあり、腫れが引くのにも時間がかかります。部分的に7から8mmのメスを入れる方法とラインに沿って3から4cmのメスを入れる場合があります。費用は約30万円と高額ですが、すっきりとした印象を確実につくることができます。1年の保障期間がついていることもあります。医師との事前のカウンセリングを十分に行って臨むことが大切です。医師の疎通、術後のイメージが一致しているようによく話し合うことが大切です。

初心者などが二重に取り組む一般的な方法は、埋没法です。この方法は、費用も2万円から止める点が多くなるほど1万円ずつ増えていく金額ぐらいになります。施術時間は、10分程度です。ほどけにくく、腫れにくい高度な縫い方は10から15万の費用です。糸の掛け方にも二つの方法があります。一つは整形病院の8割が実施しているポイント法です。これは、何点かを輪で結ぶものです。ラインがきれいにならずおうとつができてしまう場合もあります。腫れも伴うことがあります。一方、もう一つは2割の整形病院で実施しているスクエアー法です。こちらは一本の糸で四角形に糸を通します。そのためラインが綺麗に出ますし、ゆるみもなく持続性が高いです。腫れも大きくはありません。ただし、高度な技術を要する方法なので、熟練した医師でなければ行えない施術です。二重施術は、大変気軽にできるようになって来ています。しかし、自分の生まれ持った体に異物を入れたり、メスを入れたりするわけですから、それなりの覚悟と決心で臨むことがマナーと言えます。心構え等を事前に医師から説明を受けることが重要です。カウンセリングは、3000円となっているところや無料のところもあるので、病院の評判をよく聞き、相談することが大切です。