目のコンプレックスを解消

エステティシャン

パッチリ目になるために

パッチリ目になるためにはマスカラでまつげを長く見せたり、マツエクやマツパーなどを利用したりしてメイクを工夫しなければ実現できない場合が多いのですが、美容整形を利用すればまぶたに線を付けることが出来ますので、一重から変身することが可能です。二重になれば目も大きく見えますのでナチュラルメイクでもパッチリ目が実現します。二重整形には埋没法と切開法があります。埋没法はプチ整形とも呼ばれているのですが、まぶたの裏側から糸で持ち上げることによって線を付けることができる施術方法です。最大のメリットは切開しないので傷跡が残りにくいことでしょう。また、費用も10万円以下で行える美容外科もありますので金銭的負担を抑えて施術が行えるのも魅力のひとつです。安い費用で行えるということもあって若年層にも人気のある施術なのです。埋没法ではまぶたに厚みがあったりまぶたの状態によっては二重にしたとしてもすぐに元に戻ったりしてしまうケースもあります。そんな方には切開法がおすすめです。切開法はまぶたを切開することによって二重の線を作ります。半永久的に持続するのが利点のひとつです。費用に関しては20万円前後かかることが多いのですが、一度施術をすればメンテナンスも必要ないので本物の二重を手に入れたい方におすすめです。

二重整形はパッチリ目を演出するためにとても便利な施術方法です。最近では切開せずに施術が行える埋没法などが主流になってきましたので、簡単に二重にすることができます。市販のアイテムでも二重にすることが出来ますが、どれも一時的なものに過ぎません。スッピンの状態でも二重を維持したいのならば整形が最適な方法でしょう。医学の向上と共に美容整形の安全性も高まってきましたので安心して施術を受けることができます。まぶたに脂肪があまりついていないタイプの方であれば埋没法で十分綺麗なラインを作ることができます。メスを使用しないで糸を使用してまぶたに線を作ることによって二重になれる施術方法です。費用もリーズナブルですので整形初心者にも向いている施術方法でしょう。埋没法では綺麗なラインが作れない人もたくさんいます。そんな人でも切開法を選べば確実なラインを作ることができます。切開法はまぶたを切ってライン付けしますので、半永久的に持続するというのが最大の利点でもあります。費用は埋没法よりも若干高めになっていますが、美容外科によってはローンが組めるところもありますので、ローンを利用すれば毎月の負担を軽くして理想の目元を手に入れることが出来るのです。