目元のアレンジ

相談

目元をくっきりさせる夢を叶えます

目元を二重に整形することを願望として持っている人たちは、日本中に増えてきました。簡単なやり方では、のりやテープでごまかす方法があります。また、本格的に手術をうけて、ほぼ永久的に二重のままにしたいと願う人が多いのは確かです。昔からある二つの方法では、目元に痛みや腫れが起こり、費用や持続性等で課題が残りました。しかし、近年は、簡単に痛みもなく、費用もリーズナブルで確実に二重を実現する方法が増加してきています。まず麻酔をかける針の大きさについてですが、昔ながらの角ばった針から丸い形状の針に改良されており摩擦が少なくなりました。また、太さも0.3ミリから0.2ミリ程度により細くなっています。このため、痛みがへり、内出血の量も少量で術後腫れる心配が少なくなりました。さらに、固定するための糸の縫い方やその位置などを工夫することで、より美しいラインに整形することができるように改善されてきました。結び目をまぶた中に埋め込むことで、施術の跡を目立たせないよう工夫しています。費用は、個人的な診療ということで保険適応外となり、高かったのですが、3万円ぐらいから手軽にできるようになりました。美しいラインを低価格で実現することができるようになり、人気も上昇しています。

二重の整形手段としては、二つの方法があります。まず埋没法と言って、切ったりせずに糸でくくりつける方法です。角膜に近いところから固定する瞼板法は、傷つける危険性があるので、複数点で点と点をつなげてラインを形成する方法が一般的です。2週間程で施術のあとが落ち着いて、2ヶ月も経過すると治ります。費用は5万から10万円ぐらいです。ところが、数年経過すると一重になってしまうことがあります。次に、切開法は、まぶたの皮や脂肪をメスで取ってしまう手術です。元から腫れているような目元の雰囲気を改善したいという人に適しています。全部や一部を取る方法があり、費用は25万円ぐらいですが、完治までかかる日にちが違います。全部切除の場合は腫れが戻るまでに1週間、落ち着くまで2から4ヶ月、完全に治るまでは約1年かかります。安静にする期間も長期間におよびます。二重の整形では、かかる費用も問題ですが、重大なことは元の自然な体に後戻りできないものあるので、よく考えて決断することが求められます。また、開業医については、ネット情報や口コミだけではなく、実際に通っている方の感想や事前のカウンセリングの様子等も勘案して選ぶことが大切です。選ぶときの考え方は、技術的に古くはなく、経験豊富で評判のよいことです。この際値段が第一基準ではありません。

美容外科で人気の施術

注射器 二重整形には埋没法と切開法があり、費用や効果についてお話しました。それぞれメリットが異なるので、費用だけで決めてはいけません。何に重点を置きたいのかを医師に伝え上で、どちらの方法にするのかを選択しましょう。

詳しく見る

目のコンプレックスを解消

エステティシャン 二重になるためには美容整形を利用してみるというのも選択肢のひとつです。埋没法は費用も安いので初心者でも手が出しやすい整形方法ですし、埋没法で二重になれない人でも切開法を利用すれば確実に二重になることができます。

詳しく見る

美容クリニックの相談

目元を触る人 二重整形をする際に受けられる美容クリニックのサービスで最も重要なのは、カウンセリングを含む美容に関する相談です。最初に安い費用でできる埋没法などの一時的な手術などを行うことで失敗のリスクを減らすので、そういった仕組みを理解していきましょう。

詳しく見る

目元をすっきりさせる施術

女性 整形病院では、二重の他に脂肪取りや脂肪の注入、レーザーによるクマ取りなども行っています。切開法と埋没法の二つの方法の良さや課題、費用等を見極めながら、総合的に目元の改善を考えることも大切です。何より医師との相談がまず大切になります。

詳しく見る